∟ ISO14001 | 安全への取り組み | 緑化計画 | 工場見学 | 教育 | 

社会貢献・取り組み

環境への取り組み  JIS Q 14001:2004 (ISO14001:2004)

ISO14001とは、企業活動、製品及びサービスの環境負荷の低減といった環境パフォーマンスの改善を継続的に実施するシステム【環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)】を構築するために要求される規格です。ISO14001の基本的な構造は、PDCAサイクルと呼ばれ、(1)方針・計画(Plan)、(2)実施(Do)、(3)点検(Check)、(4)是正・見直し(Act)というプロセスを繰り返すことにより、環境マネジメントのレベルを継続的に改善していこうというものであります。
㈱サニタリーセンターの「環境方針」「基本理念」「基本方針」は、以下の通りです。

 

環境方針

基本理念 株式会社サニタリーセンターは、安全で快適な生活環境確保の為の一員として、廃棄物の資源化、有効利用を積極的に推進し循環型経済社会の実現に向け、総合的な廃棄物のリサイクル処理業を目指し、社会に貢献をして参ります。
基本方針
  1. 環境関連の法規制及び地域住民との取り決め等、当社が同意した法的要求事項を遵守致します。 
  2. 一般廃棄物、産業廃棄物及び食品廃棄物の収集運搬、保管及び処理が環境に与える影響を常に認識し、環境負荷の低減、汚染の予防と環境保護に社員一丸となって取り組みます。
  3. 食品リサイクルを推進し、再利用、再使用の理念に基づき、食品廃棄物の減量を目指します。
  4. 廃棄物のリサイクル処理に関わる最新の技術や機器の開発情報をいち早く収集分析するなども含め、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。
  5. 3R(リデュース・リユース・リサイクル)を排出事業者と当社の協力の下、当社が積極的・適切に提案できる人材の育成を致します。
  6. 当社の事業活動における環境側面に対して目的及び目標を設定し、その実施状況を考慮した見直しを行います。
この環境方針は文書化し実行、維持し、全社員及び外部に公表致します。             
制定 平成16年12月1日
改定 平成21年 5月5日
改定 平成28年11月1日
代表取締役 木村文男